中国語

語学本CDのナレーション収録。(日本語担当)
3時間コースの時は、ネイティブナレーターさん(男女)と同時収録なのですが、
今回は女性のみでした。なかなか珍しいのです。
中国人ナレーターのAさん(日本語読み)とご一緒しました。
とても話しやすくて、お互い初対面とは思えないほど。
声の響きも素敵。お近づきになれてうれしかったです。
テンポが合ってとてもやりやすいと言ってもらえたことも。

実は今日、原稿残り数ページというところで
急に喉に細かい粒子が張り付いたみたいになって
むせて咳き込んでしまって。
落ち着くまで少し中断させてしまったのでした。
ナレ友の話で聞いたことがあったけれど
収録中になったのは初めてで、自分でもびっくりしてしまった。
終盤で、スタジオ時間にも余裕があり(結局2時間半で終了)
クライアントさんも笑顔で待ってくださいましたが
前半でなっていたらと思うと、後からゾッとしました。。

水を飲んで、トイレでうがいして、思いきり激しく咳き込んだりして
何とか鎮めましたが、受付までしっかり聞こえてたみたいで。

何で急になったのかなぁ。
アレルギー?体調?
9時からの収録で、5時起きだったのですが
やっぱり3時間前に起きてもう少しアップした方が良かったのかも。
いつもはしないような読みミスもあったし。
朝一からでもしっかりしないとね!

日本語ペラペラのAさんに、たくさん助けてもらいました。
ありがとうございました。

人間だから色々あるけど
プロだもの。もう今日みたいなことはないように。
かかりつけ耳鼻科医のセンセイに聞いておこ。

出版は6月だそうです。楽しみ♪
またお知らせしますね。